節約してFX資金へ…資産をふやすぞ!
生活費を節約してFX資金へ!個人資産をふやすぞ!


最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サルも子供をたくさん作れるのですね
ほしちゃんがお笑い界の動物好きですよね。

北近畿や山陰で唯一の動物園である京都府福知山動物園の
シロテテナガザルの雌、十三子(31歳)に10匹目の赤ちゃんが
誕生するようなのですが、予定日の12月を過ぎても生まれる気配を見せず、
職員をヤキモキさせているようです。

そもそも、動物のお世話をするくらいならシステムトレードFXをしますね。

十三子は1980年にこの動物園にやってきたそうで、
同じ年に入園してきた雄のクロとの間には
これまで9匹の赤ちゃんを出産してきていました。

昨年の9月にもおなかのふくらみが確認できており、
これまで通りの予定でいけば12月頃が出産予定らしいのですが、
いまだに生まれる気配がないようです。

また、あかちゃんがたくさんいる家庭にはユーザー車検がおすすめですね。

10匹目の赤ちゃんいつ? 予定日過ぎても生まれず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100106-00000303-rtn-l26

ちなみにシロテテナガザルはワシントン条約で絶滅危惧種として
現在では厳しく管理されている動物なのだそうです。
元々はタイやミャンマー、マレー半島の熱帯雨林に生息していたそうですが、
その数は激減しているようです。

参考:ロールケージ

ですから特に国内で生まれるシロテテナガザルは貴重な存在なわけですが、
十三子がまず元気でいてくれることが重要なので、
出産の時を見逃さないように監視するという意味でも
動物園も気が気じゃない状態が続いているようです。

動物は飼うものではありませんね。
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。