節約してFX資金へ…資産をふやすぞ!
生活費を節約してFX資金へ!個人資産をふやすぞ!


最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こども手当てをどこまで支給するのか
こども手当って結局児童手当と何がちがうんでしょうね。

私の住んでいる町では幼稚園に入ると保育代がかかりますし、
小学校へ進むと医療費が必要になります。
副鼻腔炎などの長引く治療が必要なものに対しては、
医療費もかなり家計を圧迫します。

初年度の10年度は制度設計の不備から対象外になってしまった子どもが出たり、
不正受給の可能性が指摘されたりといろんな問題点が出た事を踏まえ、
支給要件などを大幅に見直ししたようです。

本当は薬剤師求人コンサルタントもお仕事日記も好きだけどね。


そういう面での不安も取り除いてくれないと、
子どもをたくさん持ちたいと思う人は少なくなると思います。

実は、FX大好き少年ももらえます。

子ども手当、施設の1万人にも支給…来年度法案
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110122-00000918-yom-pol

政府はそれを今月末にも国会に提出し、3月末までの成立に全力を挙げる方針だそうです。
ですが自民党などは廃止を求めており、審議については混乱する事が予想されます。

10年度の支給対象となった子ども手当法は1年間の時限立法だったため、
政府・与党は11年度の支給に向け、
制度の見直しと新法案の作成を進めていました。

今度の11年度法案については支給額を3歳未満は月2万円に増額、
3歳~中学生は10年度と同額の月1万3000円に据え置く方針です。

前年度までの支給要件については
「生計をともにし、子どもを保護する保護者」というのが規定で定められていましたが、
今度は支給対象外とされていた児童養護施設などに入所している
子どもたち約1万1000人への支給を明記しているそうです。

通常国会に提出予定の2011年度子ども手当法案の全容が、
22日に明らかになりました。

参考ですが、大分車検・車内クリーニングです。

名前だけかわって地方におしつけようとしている感じがしますね。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。