節約してFX資金へ…資産をふやすぞ!
生活費を節約してFX資金へ!個人資産をふやすぞ!


最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


真央ちゃん金メダルがいいて、みんなそうだよ
わたしは新人のフィギュアスケーターがよかったです。

フィギュアスケートの全日本選手権は来年2月に開催される
バンクーバー五輪への出場をかけた選考会でもありました。

あと、バンクーバーはさむいから羽毛布団がいりますね。

そこで今まで実力を発揮できず五輪への切符が
なかなかつかめていなかった浅田真央選手ですが、
この全日本選手権では完璧な演技を見せて見事に優勝を飾りました。

また、フィギュアは練習をしすぎたら朝までクールを使います。

大阪のなみはやドームで行われた女子フリーで真央選手が
魅せてくれました。
どれだけの緊張を抱えて出場した事でしょう。
また19歳の女性が想像できないプレッシャーと戦い、
それに勝ったという事だけでも充分感動的でした。

参考:焼肉通販

出した得点は合計204.62点で大会4連覇となった浅田選手は、
これで文句なしで五輪への切符を手に入れました。



真央ちゃんキッパリ!五輪でも「金メダルがいいな」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091228-00000044-spn-spo


4年前のトリノ五輪を年齢制限で出場できなかった真央選手の
武器であるトリプルアクセルは、あれから5センチ身長が伸びた事で
バランスが崩れミスが増えたと言われていました。

五輪の本番ではトリプルアクセルを2回飛びたいと、
頼もしい発言もある真央選手の今後の活躍に期待したいと思います。

これから盛り上がってきますね。
スポンサーサイト
テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

イチロー自主トレは日本で
そろそろイチローも日本でまたプレーしればいいのにね。

アメリカ大リーグ・マリナーズで活躍中のイチロー外野手(36)が
川崎市にあるジャイアンツ球場で自主トレと行う事が明らかになりました。

また、イチローの奥さんはマルコを愛用しています。

自主トレだけではなく若手のジャイアンツの“臨時コーチ”にも就任するそうですから、
これは夢のコラボといっても良いとり合わせになりますよね。

イチローが巨人の施設で自主トレをするのは初めてだそうです。
11月下旬にイチローサイドから「球場を使いたい」と依頼があったそうです。
巨人の球団関係者はイチロー選手に若手を指導してもらう事を条件に、
イチローの使用を許可したそうです。

イチロー、巨人の“臨時コーチ”に就任
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091216-00000001-sanspo-base

こんな有名人だったらロールケージでイチローを守ってあげないとね。

とはいってもジャイアンツにとってはまたとないチャンスで、
お願いしてもイチローから直接指導を仰ぐ機会は持てないわけですから、
ジャイアンツの若手はとてつもないビックチャンスを手にするわけです。
こんなにドキドキワクワクする練習はないでしょう。

参考:レーシック失敗

来シーズンからジャイアンツの若手がどの辺を改良して
育ってくるのかとても楽しみです。

日本人の野球選手って凄いよね。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

山本譲二「左は戻りました」と一安心ですが・・・。
歌手が耳聞こえないとなると大変ですよね。

また、耳が聞こえないのであれば金先物をおすすめしたいですね。

今年の5月に顔面神経良性腫瘍のため右耳が難聴になってしまい、
ほとんど聞こえないと告白した歌手の山本譲二さんが、
松平健さんとチャリティーコンサートを行う事になったそうです。

参考:出産手当金 申請

共に芸能生活35周年を迎えた2人が話し合って企画したコンサートだそうで、
収益の一部を人身売買問題に取り組むNPO法人に寄付するそうです。


右耳難聴の山本譲二「左は戻りました」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091209-00000510-sanspo-ent


そんな中左耳の調子も良くないと言っていた譲二さんですが、
このチャリティーコンサートの開催会見の時には、
すっかり元に戻って普通に聞こえるようになったそうです。

もうこうなったら歌手をやめて大分車検・車内クリーニングの社員にしてあげましょう。

山本譲二さんは歌手ですから、耳は商売道具と言っても過言ではありません。
手術するという方法で右耳の聴力も戻る可能性があるにもかかわらず、
人前で歌を披露する立場の芸能人として顔面マヒになってしまう事だけは
避けたかったのだと思います。
まさに苦渋の選択とはこういう事を言うのでしょう。
せめて左耳だけでも聞こえるようになって良かったとほっとしました。

なんだかよく解りませんが、ここはとにかくに絶えるときですね。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。